UbuntuにGitをインストールしてみた(VirtualBox)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
gitをインストールしていない状態開発環境構築
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

UbuntuにRubyをインストールするためにrbenvをダウンロードしようとしたところ、Gitがインストールされていないとのエラーメッセージが表示されたので、Gitをインストールしてみました。

この記事では、VirtualBoxの仮想マシンにインストールしたUbuntu(バージョン18.10)に、Gitをインストールする手順について紹介しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UbuntuにGitをインストールするためのコマンド

rbenvをインストールしようとしたときに表示されたエラーメッセージに、Gitをインストールするためのコマンドが記載されていたので、そのコマンドを利用しました。

gitをインストールしていない状態

 

Gitをターミナルでインストール

sudoコマンドの実行

GitをインストールするためにUbuntuのターミナル(端末)を開き、以下のsudoコマンドを実行します。

$ sudo apt install git

 

パスワードの確認

sudoコマンドが実行される際に、Ubuntuに登録したユーザーのパスワードの入力を求められたので、入力してエンターキーを押します。

その際、入力したパスワードは表示されませんでした。
ubuntuにgitをインストールするときにubuntuのユーザーのパスワードの入力を求められた

消費されるディスク容量の確認

Gitのインストールが保留され、ディスク容量が使用されることについての確認メッセージが表示されました。

「Y」と入力してエンターキーを押すと、インストールが実行されました。

 

少し待つと、UbuntuにGitがインストールされました。

ubuntuにgitがインストールされた

 

Gitがインストールされているか確認する

ターミナルで「git」と入力してエンターキーを押すと、Gitが正常にインストールされている場合は以下のような説明が表示されます。

anlovegeek@anlovegeek-VirtualBox:~$ git
usage: git [--version] [--help] [-C <path>] [-c <name>=<value>]
[--exec-path[=<path>]] [--html-path] [--man-path] [--info-path]
[-p | --paginate | -P | --no-pager] [--no-replace-objects] [--bare]
[--git-dir=<path>] [--work-tree=<path>] [--namespace=<name>]
<command> [<args>]

 

Gitのバージョンを確認してみる

ターミナルで以下のコマンドを実行すると、インストールされているGitのバージョンを確認することができます。

$ git --version

 

このように、UbuntuにインストールされているGitのバージョンが表示されます。

anlovegeek@anlovegeek-VirtualBox:~$ git --version
git version 2.19.1
タイトルとURLをコピーしました