Ubuntuでcurlコマンドを使えるようにしてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
curlのインストールが完了したRuby
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、Ubuntu Desktopにcurlをインストールしてcurlコマンドを使えるようにする手順について紹介しています。

sudoコマンドを1つ実行するだけでcurlをインストールすることができたので、非常に簡単でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インストールした際のバージョンなど

  • Ubuntu Desktopのバージョン:18.10
  • インストールしたcurlのバージョン:7.61.0

 

curlコマンドが見つからないというエラーメッセージ

Ubuntu Desktopにrbenvをインストールしていた際に、curlコマンドが見つからないとのエラーメッセージが表示されました。

anlovegeek@anlovegeek-VirtualBox:~$ curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/master/bin/rbenv-doctor | bash

Command 'curl' not found, but can be installed with:

sudo apt install curl

 

curlをインストールしてみた

エラーメッセージには、「sudo apt install curl」というコマンドでcurlをインストールすることができると書かれていたので、実行してcurlをインストールしてみました。

sudoコマンドを実行する

sudoコマンドを実行すると、Ubuntuユーザーのパスワードの入力を求められます。

ubuntuでパスワードの入力を求められた

 

curlのインストールが開始された

UbuntuにGitをインストールしたときは、消費されるディスク容量が表示された後にインストールを続行するかどうかの確認メッセージが表示されました。

しかし、今回のcurlのインストールでは確認メッセージは表示されず、すぐにインストールが開始されました。

curlのインストールが完了した

 

curlがインストールされているか確認してみた

「curl –version」コマンドで、curlが正常にインストールされているか確認してみました。

コマンドを実行したところ、以下のようにcurlのバージョンが表示されたため、インストールされていることがわかりました。

anlovegeek@anlovegeek-VirtualBox:~$ curl --version
curl 7.61.0 (x86_64-pc-linux-gnu) libcurl/7.61.0 OpenSSL/1.1.1 zlib/1.2.11 libidn2/2.0.5 libpsl/0.20.2 (+libidn2/2.0.4) nghttp2/1.32.1 librtmp/2.3
Release-Date: 2018-07-11
Protocols: dict file ftp ftps gopher http https imap imaps ldap ldaps pop3 pop3s rtmp rtsp smb smbs smtp smtps telnet tftp 
Features: AsynchDNS IDN IPv6 Largefile GSS-API Kerberos SPNEGO NTLM NTLM_WB SSL libz TLS-SRP HTTP2 UnixSockets HTTPS-proxy PSL

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました