Oracle VM VirtualBoxをWindows10にインストールしてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
virtualboxのインストールが完了した開発環境構築
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

WindowsパソコンにUbuntuをインストールし、そこでRuby on Railsの開発環境を構築したいと考えたので、そのための準備として仮想マシンを作成するためのソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」をWindows10にインストールしてみました。

この記事では「Oracle VM VirtualBox」のダウンロードとインストールの流れについて紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インストールした環境

「Oracle VM VirtualBox」をインストールしたパソコンの環境です。

  • OS: Windows10 Home 64bit(バージョン1809、ビルド番号17763.134)
  • VirtualBoxのバージョン: 5.2.22

 

VirtualBoxの公式サイトからインストーラーをダウンロードする

VirtualBox公式サイトのダウンロードページにアクセスし、「VirtualBox binaries」の下の「VirtualBox 5.2.22 platform packages」のところにある「Windows hosts」と書かれたリンクをクリックします。

「VirtualBox 5.2.22」の部分は、バージョンによって異なります。

VirtualBoxのインストーラーを公式サイトのダウンロードページからダウンロードする

 

リンクをクリックすると、VirtualBoxのインストーラーがダウンロードされます。

今回インストールしたVirtualBoxバージョン5.2.22のインストーラーの容量は、108MBでした。

 

ダウンロードしたインストーラーを実行する

ダウンロードしたインストーラー「VirtualBox-5.2.22-126460-Win.exe」をダブルクリックして実行します。

インストーラーのファイル名の「5.2.22-126460」の部分は、VirtualBoxのバージョンによって異なります。

ダウンロードしたvirtualboxのインストーラーを実行する

 

VirtualBoxのインストールを進める

VirtualBoxのセットアップウィザードが表示されるので、「Next」ボタンをクリックして次に進みます。

virtualboxのインストーラー

 

インストール場所を選択する

「Custom Setup」では、VirtualBoxがインストールされる場所と機能を選択します。

「Browse」ボタンをクリックすると、インストール場所を指定することができます。

インストールされる機能に関しては、変更しませんでした。

デフォルトでは、インストール場所としてCドライブ(C\Program Files\Oracle\VirtualBox\)が指定されていました。

virtualboxのインストール場所やインストールする機能を選択する

 

ディスクの空き容量を確認する

先ほどの「Custom Setup」画面で「Disk Usage」ボタンをクリックすると、パソコンのディスクの空き容量とVirtualBoxのインストールに必要となる容量を確認することができるようになっています。

VirtualBox Version 5.2.22では、インストールに必要な容量が237MBとなっていました。

パソコンのディスクの空き容量やvirtualboxのインストールに必要な容量を確認できる

 

ショートカット作成などのオプションを選択する

ここでは、ショートカットなどの設定を行います。

以下の4つの項目について設定することができます。

  • Create start menu entries (スタートメニューに項目を作成する)
  • Create a shortcut on the desktop (デスクトップにショートカットを作成する)
  • Create a shortcut in the Quick Launch Bar (クイック起動バーにショートカットを作成する)
  • Register file associations (ファイルの関連付けを登録する)

virtualboxのショートカットやファイルの関連付けなどの設定

 

一時的なネットワーク切断の警告画面

VirtualBoxのインストールの際に、ネットワーク接続が一時的に切断される旨の警告画面が表示されました。

インターネット接続が一時的に切断されても問題がない状況であるか確認し、「Yes」ボタンをクリックします。

virtualboxをインストールする際にインターネット接続が一時的に切断されるとの注意事項

 

インストールの準備が完了した

「Ready to Install」画面が表示され、VirtualBoxをインストールする準備が完了しました。

ここで「Install」ボタンをクリックすると、すぐにインストールが開始されます。

ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は、「はい」ボタンをクリックします。

virtualboxのインストールの準備が完了した

 

VirtualBoxのインストールが開始された

インストール処理が開始されたら、完了するまで待ちます。

私の環境では、インストールは数十秒で完了しました。

ユーザーアカウント制御を許可するとvirtualboxのインストールが開始される

 

VirtualBoxのインストールが完了した

VirtualBoxのインストール処理が完了すると、このような画面が表示されます。

「Finish」ボタンをクリックすると、セットアップウィザードが閉じられます。

次は、インストールしたVirtualBoxを実行してみます。

「Start Oracle VM VirtualBox 5.2.22 after installation」のチェックボックスをクリックしてチェックを入れると、「Finish」ボタンをクリックした後に、VirtualBoxが自動的に起動します。

virtualboxのインストールが完了した

 

インストールされたVirtualBoxを実行してみた

作成されたショートカットなどからVirtualBoxを実行すると、「Oracle VM VirtualBox マネージャー」が表示されます。

これで仮想マシンを作成するための準備が完了したので、次回は実際にUbuntuの仮想マシンを作成したいと思います。

インストールされたvirtualboxが起動した

 

タイトルとURLをコピーしました